熱割れ

窓に取付けられた板ガラスが日射を受けた場合、ガラス中央部は早く温度が上昇します。一方、サッシにはめ込まれた周辺部分は、日射を受けず、サッシや躯体(クタイ)への放熱もあるので、温度上昇が緩やかになります。その為、ガラスの中央部と周辺部分とでは温度差が生じ、中央部が膨張しようとするのに対して、周辺部分は 低温の状態な為、膨張しません。この結果、周辺部分が中央部の熱膨張を拘束することとなり、周辺部分に引張応力が発生します。

このようにして発生する 熱応力(周辺部分の引張応力)が、そのガラス固有の強度(許容応力)を越えると、板ガラスは破壊します。この現象を「熱割れ」 と呼んでいます。

また、ガラスの種類で説明した、「網入りガラス」、「複層ガラス」などの特殊なガラスは、許容応力が低くい傾向にありますので、これらに遮熱系や目隠し系などの日射熱を吸収しやすいフィルムを貼り付けると、熱割れ現象が起こりやすくなると言えます。

新着ページ