Q&A

専門的な用語を使わずに丁寧に回答

初めての方により安心してご依頼いただけるように、いただく機会が多いご質問にまとめてお答えいたしました。できる限り専門的な用語を使わず、丁寧にお答えしているため、ご不明点解決の一助としてぜひご活用ください。施工後のアフターフォローにも力を入れ、お手入れ方法のご説明も行います。

Q 作業はどのくらいの時間がかかりますか?
A

窓の大きさ・枚数によりますが、一般家庭なら通常は2〜4時間程度です。なお、既存のフィルム剥離や高所作業等の特殊作業の場合は終日かかることもございます。

Q 窓ガラスに虫が寄り付きにくくなるそうですが、どういったメカニズムですか?
A

一部の昆虫には“走光性”といって紫外線に引き寄せられる性質があるため、夜間に室内の蛍光灯から発生する紫外線に引き寄せられて窓に集まります。フィルムを貼ると蛍光灯の紫外線が外に漏れないので、カメムシや蛾といった種類の昆虫が窓ガラスに集まりにくくなります。

Q フィルムを貼ると窓ガラスが割れる(熱割れする)と聞いたことがありますが本当ですか?
A

窓ガラスは何も貼らなくても設置された環境やエッジのわずかなキズなどが原因で、ヒビが入ることがあります。通常の住宅で多く使用されている5mm程度の透明なガラスならフィルムを貼ってもほとんど心配はありませんが、色の濃いフィルムを網入りガラスや着色ガラスなどに施工した場合には、熱割れが発生する可能性があります。弊社では事前に熱割れ計算を行ってフィルムの選定、または施工の可否をお伝え致しますので、ご安心ください。

Q 日射調整フィルムを貼ると冬は逆に寒くなってしまうのではありませんか?
A

日射調整フィルムには夏場の遮熱と冬場の断熱効果を併せ持つフィルムもあります。そのようなフィルムを貼ることで窓際と室内の中央部との温度差を低減させ、快適な環境を作ることが可能です。

紫外線対策・防犯対策・日遮熱カットなど、様々な効果が期待できる窓ガラスフィルムをご用意し、拠点を構えた埼玉を含めた関東エリアにて快適な空間づくりをサポートしております。紫外線対策を兼ねたフィルムを貼り付けることで、紫外線に引き寄せられる小さな虫が寄り付きにくくなったり、日遮熱を調整するフィルムの断熱作用によってエアコンを使用する時間が減ったりと、幅広い効果が期待できます。施工が初めての方にご安心いただくためにQ&Aを掲載しているため、ご不明な点がありましたらぜひ参考にご覧ください。